整形ばれたくない!整形を上手く隠す化粧方法教えます!?

せっかく整形がうまくいってもばれたくないですよね。でもメイクうまくごまかせるんです!国民の半分以上が当たり前のように整形をし、お昼の話題もどこの病院でどこを整形した・・・・なんて話を堂々としているお隣韓国。そんな彼らは整形をした後の腫れすらも隠したりしないですが、日本ではまだまだ周りにはバレたくない、という方が多いはず。簡単なプチ整形をしたとしても、「整形をした」という事実を認めてもらうにはまだ日本はハードルの高い国だと言えると思います。そこで本気でバレたくなければ、徹底的に隠す、ごまかすしかありません!!!そのために大事なのはやっぱりメイク!化粧だけでも全く顔を変えることができますので、上手にカラーやベースを取り入れることで、整形した部分、傷跡などをバッチリ隠すことができるんですよ!!

パーツ別!鼻やあご、二重の手術跡を隠すメイク方法!

では顔のパーツ別に、手術跡を隠す方法をまとめていきます!■鼻やあごなどの傷口を隠す方法

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”right” />

鼻やあごなど、またリフトアップなど、骨を削るような手術の場合は、どうしても傷が出来てしまいます。美容医療の技術はかなり進んできていますので、昔に比べたらかなり目立たなくなってきましたが、それでも何も知らない人が見れば「なんだろう?」と思わすようなところに傷が出来てしまうのも事実。そんな時は思い切ってコンシーラーで隠してしまいましょう。カバー力の高いコンシーラーなら、ボコボコとした傷口を滑らかにすることも出来ますし、痣などの色素系もうまく隠すことが出来ます。さらにその後にラメ感のパウダーをほんのり載せてあげれば光の反射で手術跡が目立たなくなりますよ!■二重手術を隠す場合

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”right” />

二重手術の場合は埋没法でも、切開でも、手術後に作った二重の線自体が「傷跡」になります。それを隠すには、うまくアイメイクをしていくことがポイントとなります。必要な物は、①アイシャドウ用の下地(なければコンシーラー)②パール感のあるシャドウあるいは、粒が大きめのラメの入ったシャドウの2つ!! メイク方法1)まずはファンデーションをまぶたまでしっかり塗った後、アイホールにアイシャドウ用の下地を指で優しく薄く塗ります。もし、アイシャドウ用の下地がなければ、コンシーラでも大丈夫ですが、その場合はコンシーラーのよれを防ぐため、なるべく薄くのせるようにしてあげてください。メイク方法2)そして好きなカラーのシャドウを載せます。できればマットなものよりも、すこしパール感があるもの、グロウ感のある物を乗せると光の反射で傷跡がバレにくくなります。完全に目の錯覚ですが、かなり効果的なんです!!!もしカラーを載せたくない場合は、色のないもので、艶感の出るタイプのものか、ベージュ系を置いてあげるといいでしょう。メイク方法3)最後に仕上げとして 粒が大きいラメを指で軽く置いて、なじませます。ブラシでのせるよりもしっかり着くので、二重の線に沿ってのせていきましょう。華やかな印象を与えつつ、ラメのきらきらした反射効果で更に二重がバレにくくなります。是非挑戦してみてくださいね!!とっても簡単ですよ♪

術後すぐに化粧が可能な場合が多いですが、傷口に塗るコンシーラーだけに、肌に優しい成分が入っているものを選ぶ事が大切です。肌に優しい成分のコンシーラーランキングまとめはコチラ⇒

ばれないポイントはとにかく傷口を隠すこと!!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”left” />

身体の整形は何とか誤魔化せますが、顔の整形を隠すポイントはとにかく傷口を隠すこと!!!実際に上記の化粧を行ってみるとわかりますが、二重の場合も通常の傷口を隠す場合も、コンシーラーやラメパウダーでかなりごまかせちゃうんです!!例えばアイラインを太くしたり、ノーズシャドウを濃くしたり、眉毛の形を変えたり、と言った顔の造形を変えるメイクというよりは、傷跡をいかに綺麗に見えないようにするか、にポイントを置いたメイクアップをすれば大丈夫です!!整形後どんな方でも簡単に実行できますし、準備するものも特別なものではなく、かかる時間もいつものメイクとほぼかわらないので安心して行っていただけると思いますよ。傷跡がバッチリ隠せるコンシーラーはコチラ⇒

■整形経験者のコメント■

急に化粧を変える事に抵抗があるなら、整形まえから少し濃い目のメイクをしておくのも良いと思います!!化粧法を変えてみたり、メガネをかけてみたり、事前から準備しておくと違和感が少なくなりますよ♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る