うっかり整形ばれた後の言い訳や理解してもらう方法

どんなに完璧に言い訳を用意しても、どんなに完璧にイメチェンでごまかせたりしても、予期せぬことから整形がバレてしまう確率、それはゼロではありません。うっかりバレてしまった以上、整形を認めないわけにはいかない状況もあると思います。昔よりは大分ましになったとはいえ、まだまだ整形を受け入れる人が少ない日本で、バレてしまった整形に対してあれこれ言いわけするのはストレスになりますし、多少見苦しい場合もありますよね。そんな時は、逆にすんなり認めるのが良いと思います。認めたうえで、周りも理解してくれるような理由を語れば、意外と受け入れてもらえると思います。ということで今回はばれた後の言い訳や理解をしてもらう方法をまとめてみました。ばれたこと前提で、どのような話をすれば周りの人が納得してくれるかを考えてみましょう!

経験者が語る、整形がばれた時の言い訳のポイント3つ!

さて、以下に私の周りの整形経験者に直接聞いた整形がばれてしまった時の言い訳のポイント3つをまとめてみました!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=


何かのきっかけでうっかりバレてしまった場合・・・①暗い過去を打ち明ける

 

まず、案その一としては、「整形前の暗い過去を打ち明ける」がいいと思います。容姿の事でいじめられることもあって、実は人間不信だった、対人恐怖症だった。あるいはその時のことがフラッシュバックして、眠れないこともあった、など昔から心の奥底にあった暗い闇を理由にしてみましょう。容姿を変えることで新しい一歩を踏み出したかった、今は自分に自信を持って堂々と生きていられるので、とてもハッピーだ、人生が変わったと、暗かった人生から整形のおかげで明るい人生に変わったことを訴えかけるように話せば、何も言えないはずです。それで理解できない人は冷たい人だと思って、理解をしてもらうのを諦めましょう。少し憂いがある感じで伝えるのがポイントですね。②開き直る

 

この場合逆に明るい理由が良いかもしれません。大好きな人がいてその人の好きなタイプになるためにやったとか、一度で覚えてもらうためにすこくインパクトの有る顔にしちゃった、とかなんだか微笑ましいような笑ってしまうような理由を上げてみましょう。ここでもポイントは今は前向きになれたというアピールです。今の顔に満足していてハッピーだということを理解してもらえば、逆に周りの人もハッピーになれるかもしれません。③事故(病気)で止む終えなかったと言い張る

 

上の2つとは違うのは、自分は全くやる気がなかったという前提で話すことです。事故(あるいは怪我、病気)があり、その手術が必要だった、そのせいで変わってしまった、というストーリーです。まだ慣れないけどまぁ、これもいいかな・・・くらいのテンションで言っておきましょう。たとえば鼻であれば、鼻炎、蓄膿症などを理由に眼であれば眼瞼下垂などが理由になると思います。そういった部位を整形した方にはこの言い訳は使えると思います。

整形の言い訳にいちばん大切なこと、それは自己分析です!

だれもが不安になると思いますが、「整形したでしょ」などと革新的なことを突かれた場合、うそを突き通すか言い訳で誤魔化すかはあなた次第だと思います。上記で大きく3つのご提案をしましたがそれぞれキャラクターによって合う合わないがあると思います。いいわけや嘘をつく場合、一番大切なことは自己分析!!たとえば彼氏もいて社交的な明るい人が、急に「わたし、対人恐怖症で、、」といっても回りには理解をしてもらえないと思います。日ごろ自分が周りからどんなふうに見られているのか、どういうタイプなのかを理解し、一番しっくりくる方法で理解をしてもらいましょう!!

▼プチ整形料金&キャンペーン一覧▼

ばれないおすすめ整形はこちら!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る