30代から、頬のたるみを切らずに上げる方法3つ

年齢と共に気になるたるみ。。。しわを改善しても、シミを改善しても、たるみがあるかぎりやはり年齢をごまかすことは出来ません。たるみを改善するには一昔前はメスで切って皮膚を持ち上げる整形しかありませんでした。でも、整形をするには少し勇気がいる・・・。どうにかして頬のたるみを切らずに治す整形方法はないのでしょうか。ご安心ください!!美容医療の技術が進んだ今、たるみに効果絶大の頬のたるみを切らずにリフトアップする方法がいくつかあるんです!今回は、お隣美容大国の韓国から最新のレポートをお届けいたします!

韓国で定番!たるみを切らないウルセラシステム,サーマークールとは

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

では、韓国で定番の切らないでたるみを取る施術人気の3つを紹介いたします!■誰もがやってるウルセラシステム

 

有名なのは、韓国で定番の定番、ウルセラだと思います。ウルセラは顔の深い部分にレーザー熱を照射することで刺激を与え、その反動でたるみを改善するという施術になります。数ヶ月かけて徐々にたるんだ部分を改善するので周りの人に気づかれず、いつの間にか顔がリフトアップしているという優れものです。日本では整形でリフトアップすることに抵抗がある方が多いので、ウルセラは日本でもかなり人気のレーザー治療。体験されたことある方もいらっしゃるのではないのでしょうか?■サマークールとは

 

たるみに効果的と言われる「サーマクール」こちらも切らずにたるみを解消できるレーザーとして、最近とても人気がありますよね。サーマクールは、 肌の深い層まで高周波の熱を加えることにより、弾力を生み出し、たるみやしわなどを解消する高周波レーザー施術です。メスを使う必要もないですし、施術の周期も1年に一回、そしてダウンライムもないことから、たるみに悩む方の強い味方として人気があるんですよ!■即効性あり!糸リフティングは本当におすすめ!

 

実は韓国ではもっとも人気の施術があるんです!!それは、糸を使ったリフティング、それも溶ける糸を使ったものです。大体1年位で体内から排出されるため1年ごとの施術の必要がありますが、逆に1年毎に変化した顔に対して合わせて施術を出来るのでとても効果的に結果を出すことが出来ます。しかも溶けた糸はコラーゲンとなり、皮膚にハリと弾力を与えてくれる効果が!!糸で釣り上げた力にプラスしてリフトアップ効果が出る上に、肌も綺麗になるという女性にはうれしいWの効果が見られるものなのです。そもそも医療用の糸を使っているため安全性も高いですし、施術時間も20分~30分と短く、その上に施術後すぐに効果が出るため、即効性がる結果を好む韓国人にとっては一番人気のたるみ解消方法なのです。美容大国韓国では整形も人気がありますが、肌を切らずに皮膚自体に外的に手を加えるアンチエイジング肌質改善をする人もたくさん居て、その敷居は日本より驚くほど低いです。わたしも韓国でリフトアップ!といえば、すぐ整形をすると思っていました。切らない施術でのリフトアップは整形より手軽なので日本でも人気があるんですよ!

切らない整形は当たり前!!長く続けてたるみを防ぐ!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

切らないリフトアップは今では当たり前。韓国=整形と考える方も多いですが、今の時代リフトアップは整形するより、切らないリフトアップを長く続け、たるみ自体を防いでいくというのがベストな方法だと思います!続けている人は、リフトアップ(糸)+ウルセラ(レーザー)というスペシャルコースをされる方も多いですが、糸を毎年行えば4回(=4年)くらいやればコラーゲンが皮膚内に定着した状態になるので日常的にとても肌の調子が良くなるとのこと。これは女性にとってはかなり嬉しくないですか?!?!たるみもとれて、しかも美肌になれる!綺麗な人は日々そうやって、美しさをキープしているのです。韓国の女優さんは皆さん、肌も美しく若々しく、たるみも殆ど見られませんよね。たるみと肌ケア両方一気にできる施術なので長く続けられます!韓国へ旅行の際は一度、気楽に試してみてくださいね!美しくなるために方法はたくさんありますよ!!沢山研究し出来ることから実行してどんどん美しくなりましょう。サマークールについて更に詳しく知りたい方はこちら→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る