盲点!アラサー年齢がかくせない手のしわを整形で治せる?

顔は普段から念入りにスキンケアをしているので、しわなどはしっかり予防出来ている人は多いですよね。でも、手のしわって意外な盲点で、意外と男性からも見られているのご存知ですか?ハンドクリームを塗ってしわを予防できる時期を通り越してしまうと、どんなに顔が若く見えても手に年齢が出てしまい、どんなオシャレをしても決まらなくなってしまいます。そして手は特に紫外線を浴びやすい部位ですが、日焼け止めをうっかり塗り忘れるかたも多いと思います。さらに洗い物をしたり手を洗ったりと、化学的な刺激やダメージを受けやすく、乾燥しやすい部位でもあります。そしてハンドクリームだけではどうすることもできなくなってしまった人の中には、整形をしてでも手のしわを何とか取り除きたいという人が実は多いのです。

手の年齢を隠す整形の方法は4種類

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

手の甲は皮膚がとても薄いので、普段何もお手入れをしていないとあっという間にシワシワになってしまい、自分ではどうすることも出来なくなってしまいます。よね。つまり手の年齢を隠すには整形しか方法がないわけです。では整形方法があるのか簡単に見てみましょう。

①かさかさの手にうるおいを与える治療方法

  • 水光注射

顔のしわなどとは違い、細かいしわの集合体である手はのしわの原因は、肌のバリア機能の低下によることで起こる乾燥が原因だといわれています。それを防ぐためにはハンドクリームなどの保湿ケアが一番重要ですが、皮膚にうるおいを与える治療を行うとさらに効果的です。

②手の皮下組織のボリュームを補う治療

  • ヒアルロン酸注射
  • マイクロCRF

歳を重ね脂肪の萎縮が進むことで、手がごつごつと骨ばった感じになり血管や腱が目立つようになってしまいます。この場合は皮下組織のボリューを与える治療が効果的です。

③ご自身の細胞や血液成分を使う方法

  • 肌細胞再生療法
  • プレミアムPRP療法

手のしわだけではなく肌そのものを引き締め、たるんだ肌にハリやうるおいを与える方法として細胞などを再生させる方法があります。

④表面から治療を行う方法

  • マドンナリフト
  • フラクセル3

レーザーなどをあてて、表面から肌を活性化する方法です。シミも取れるため一番人気の整形方法です。などがあります。最初のカウンセリングで術後の注意点とか、どのぐらいの頻度で施術を受けるのが良いのかという説明を受けるので、それをしっかり守りましょう。治療を始めてから半年ぐらいでかなり手のしわがなくなり、手に輝きが出るそうです。さらに透明感もアップし、人に見せたくなる手に近づくそうですよ!

日々の習慣が一番大切!

まずは、普段からハンドクリームをこまめに塗る習慣をつけ、そのうえで整形を考えるようにしましょう。韓国でよく行く食堂のおばさんが、クリニックで皮膚再生の治療を受け一時的に綺麗な手を自慢していたのですが、水仕事が多く、ハンドクリームなどでうっかり普段のメンテナンスをしていなかったために、1年後にはすっかり元のしわだらけの手に戻ってしまったと嘆いていました。ちなみに、私もハンドクリームは普段から手放せないアイテムになり、バッグに入れていつでも携帯しています!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る