1日800円で切らずにたるみ解消!サーマクールって何??

毎朝鏡を見るたびに気になる目元の小じわ。。これさえなければもう少し若く見えるのに!!!なんて思いながら目元を引っ張ってみたり。。30過ぎた女性なら必ず経験があるはず。そんな方のためにアメリカで開発された、目尻のしわ、おでこの深いしわ、頬のたるみ、など絶大な効果があると言われる「サーマクール」。こちらの施術、なんといってもメスを使わずにたるみを切らずに治せる整形として、最近人気があるんです!でも

●いったいサーマクールって何?●普通のレーザーとサーマクールって何が違うの??●どういう原理でたるみが治るの??●施術費高い?いくらかかる???

など、サーマクールなんて聞いたことがない、興味はあるけどいまいちよく分からない、という方へどんな施術なのか、具体的に説明していこうと思います!

高周波サーマクールの原理はコラーゲンの活性化!

サーマクールは、 肌の深い層まで高周波の熱を加えることにより、弾力を生み出し、頬のたるみやしわなどを解消するレーザー施術のことをいいます。高周波レーザーなので、メスを使う必要もないですし、施術の周期も1年に一回、ダウンライムもないことから、たるみに悩む方の強い味方として人気があります。一時ウルセラも人気でしたが、同じレーザーでもさらに深い皮膚の層まで届くのがサーマクールなのです。■サーマクールの原理とは?

 

①まず、高周波の熱を送り込むことで肌のコラーゲンが変形収縮し、施術後すぐに引き締め効果が見られます。②次に、この高周波によって、刺激を受けた皮膚が傷を治すために約4週間から12週間かけてコラーゲンを出し続けます。その「創傷治癒能力」によりお肌にハリが生まれ、たるみが改善されるという原理なのです。つまりサーマクールとは表面(表皮)は全く変化を起こさないまま、深部だけ軽いヤケドを意図的に起こさせ、深部のコラーゲン産生を活発にさせることで、肌に張りを出す、という仕組みなのです。コラーゲン産生はいわゆる肌の自然治癒力なので、サーマクールは、肌が本来持っている能力を活かした自然な治療方法とも言えるんですよ!

サーマクールの持続性と効果はどれくらい?施術代はいくら?

2002年に初めてサーマクールが出た頃は、肌を刺すような痛みがかなりありあったようです。でも、現在の最新機器ではかなり痛みが軽減され、麻酔がなくても無理なく施術が受けれるほどになっています!技術の進化は本当にすばらしいですよね。■効果はどれくらい?

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”left” />

さて、気になるサーマクールの効果の持続性ですが約6ヶ月から1年といわれています。約1年に1回施術を受けることで、常に肌のコラーゲンが活性化されるようになります。頬のたるみや目元のたるみを持続的に解消したいかたは一年に1度のペースでかなり若さを保てる効果を感じていただけると思います。効果が出るのは3週間から4週間ほど。なんかハリがでて毛穴が目立たなくなったなーと自然な形で即効性があるのでびっくりしますよ!■施術代はいくら?

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”left” />

気になるのはコストですよね。日本で受けるサーマクールの施術代は10~30万円位が相場。30万÷365日=822円日割りで計算してたった1日822円でたるみが取れて、美しく若くいられるなんて安くないですか?!?!無駄なお買い物を1日822円我慢するなんて「美のため」なら、楽勝ですよね!!笑

サーマクール専門の知識と経験がある医師に施術してもらうこと!

いかがでしたか?サーマクールについて少しはお分かりいただけたでしょうか?私も最初はレーザーだけでしわやたるみがなくなるの??と半信半疑だったのですが、韓国で知り合いに勧められ施術をうけ、その即効性と効果にびっくりでした!!ちなみに施術を行う医師の技術によって効果が大きく異なるそうです。大事なのは照射角度や位置。それが変わるだけでも効果が変わってきますので、充分な知識と経験がある医師に施術してもらうことが重要です!気になるたるみや小じわはなるべく早く解決しましょう!一年に一回の施術だけで、美肌、ハリのある肌を手に入れて若く見られるなんて嬉しすぎます♪男性からもモテモテになる事間違いなしです♪

■整形経験者のコメント■

脱毛レーザー?と変わらないくらい痛みはほぼなく、施術後もほんのり赤くなったくらい。顔が火照る感じでしたがすぐに冷やしてもらえますし、赤みは化粧で隠せるので問題なし!施術も20~30分と(範囲によって変わる)比較的短時間で終わります!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る