だんご鼻を切らずに高くできるおすすめプチ整形2選

「もっと鼻が高かったらいいのになー」と毎日鏡の前で鼻をつまむ。韓国でも鼻整形は人気のパーツの一つでもあります。そして、丸いだんご鼻を気にしている日本人の方は多いですよね。だんご鼻は他人はそんなに気にしていないですが、本人が気にしているパターンがとても多く、こっそりと簡単に変えれたらいいなと思っている方が特に多い施術のようです。そして少し鼻を高くするだけでもかなりイメージが変わるのは事実。それでもやっぱり、メスをいれるのは怖い・・・簡単に高くする方法はないの?ちょっとだけでいいから鼻先を高くしてみたいそんなふうに思っている方もいらっしゃるでしょう。ということで今日は切らずに治すだんご鼻、どんな方法があるのかを具体的に見てみましょう!!

フィラーと糸で団子鼻を切らずにすっと高くする!

鼻を切らずにすっと高くする方法はフィラーと糸があります。さっそくそれぞれの詳細を見てみましょう!■鼻先にフィラーを入れる鼻を高くした場合

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”left” />

まず、切らない施術で一番一般的なものでは『フィラー』を入れるやり方があります。鼻筋と鼻の先に少し入れることで、細く高くすっとした印象に見せることが出来ます。だんご鼻の方はは鼻筋は入れないで欲しい!という方が多いですが、実際は鼻筋にも少しフィラーを入れ全体的にほっそりした印象を作りながら、鼻先を高く作って行きます。全体のイメージを細くすることで、すっとした高い印象の鼻を作ることが出来るのです。万が一気に入らなければ溶かすこともできる方法なので、初めての方や少しだけ変えたい方にはおすすめの方法です。ただ鼻は脂肪部分が少なく、骨の形が鼻の形になるので、大きく鼻の印象を変えること自体は難しく大幅に形をく変えたい方には不向きと言えると思います。

フィラー注入とは、ヒアルロン酸に代表されるような液体に近い充填物を注射で注入する治療です。しわの治療や鼻や顎を高くするプチ整形などに使用されます。

■糸で解決する方法

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”left” />

鼻先の高さと細さを出す場合、フィラーでは限界がありますが、『糸』を使えば鼻を高く細く形作ることが出来ます。こちらも切らずに鼻先に糸を入れて形を整えるので、フィラーよりも少し痛みはあるようですが、それでも上に引き上げる力があるのでだんご鼻の解消には効果的です。糸を入れた後は、笑ったりするときに小鼻が動く関係で、落ち着くのに大体2週間位かかります。そのため、同時にボトックスを打ちなるべく小鼻の筋肉が動かないようにすることもポイントです。6ヶ月から1年位もつので、コスパもなかなかいいと思います。

だんご鼻にはダブルの施術で細くて高いすっとした鼻を手に入れる!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

だんご鼻の解消にはそれぞれのやり方がありますが、一番いいのは上記の2つを組み合わせることが一番効果的です。鼻筋はフィラーを使ってほっそりと見せ、鼻先は糸で高さをだす。ダブルの施術で細くて高いすっとした鼻を手に入れることが出来るのです。ただ、実際にだんご鼻の方は鼻腔の幅を小さくし、ほっそりと尖った鼻にあこがれている方が多いのが事実。幅の広い鼻腔を先を細くする施術となると、フィラー、糸だけでは限界がある場合もあります。どうしても切らない施術だけでは理想の形にはならない・・・という方はやっぱりメスを使った整形手術が一番効果はありますので、それぞれのいいところをうまく組み合わせて施術していくことが大事だと思います!鼻は顔の印象を大きく変えるパーツだけに、美容整形外科の医師とのカウンセリングで綿密に計画し整形することをおすすめします!!自宅で出来る、切らない『鼻のセルフ整形』もご参考に!→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る