しゃくれを治したい!方法と期間の全てを解説!

あごのしゃくれは整形で簡単に治すことはできます。しかし、他の簡単にできる整形方法とは違い、3日ぐらい入院が必要になりますし、全身麻酔で手術が行われます。韓国でも顎の整形をする人は多く、子供の頃からしゃくれたあごがコンプレックスで、成人してから手術を受けたいという人が増えています。入院や治癒期間はそれほど問題にならないとしても、顔が腫れていると外出できないという理由で整形を躊躇する人が多い手術でもあります。

前に突き出た顎を治す方法は2種類

前に突き出た顎の整形方法は、口の内側からあごの骨を削っていく手術となります。さらに、かみ合わせで歯が突き出ているかどうかで適した手術方法が変わってきます。

  • 歯を矯正する方法
  • 顎を削る方法

歯を矯正して治す場合は

顎だけでなく歯も突き出ている場合、まずは歯科矯正で噛みあわせを矯正します。、その後、あごの状態もみて上記の手術をするかどうか検討することになります。1年から2年かけて矯正していきます。

顎をけずって治す方法

かみ合わせは正常であごが前に突き出でいる状態はほとんどの場合、あごの骨に原因があります。この場合の手術は顎の骨を削ったり、移動させるなどしてあごの骨を後ろに下げることでしゃくれている顎を解消します。手術にかかる時間は2時間ぐらいです。その後の腫れと痛みを抑えるための薬を飲みながら感染を防ぐことになります。

骨を削る手術後、痛みが続く期間は

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

術後には腫れや痛みが引くまでに2週間~4週間ぐらいかかるので、期間が長くかかることはあらかじめ理解しておいた方が良いと思います。腫れが引くまでには2週間~4週間ぐらいかかりますけれど、痛みがそんなに長く続くわけではないので、外出できるようになったらマスクをして出かければよいと思います。私の韓国の知人の場合、最初にドクターから、術後は食事をしたり話をするのもツラいですと言われたそうなのですが、しばらく硬いものが食べれないのはダイエットだと思えばその期間もツラくなかったといっていました。

少しの我慢で一生が変わる!

その後生まれ変わった顔をみたら納得です!数週間の我慢でしゃくれのコンプレックスが解消され、その後の人生が一生かわるのですからそれぐらいの痛みは我慢できたんでしょう。何事も、受け取り方と考え方で乗り越えられると思います!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る