意外と短い?ヒアルロン酸豊胸の持続期間はどれくらい?

程よく張りのあるふっくらとした胸。女性なら誰でもあこがれますよね。そんな福与かな胸になりたい!!と最近人気の施術ヒアルロン酸の豊胸。手軽にできて、その場で量をみながら徐々に増やしたりできるため、初めての方にもハードルが低く、年代を問わずに最近人気の施術の一つとなっています。ただ、メスを入れずに行うことが出来る気軽に行うことができるのですが、持続維持期間はどのくらいなの気になりますよね。ということで今回は、具体的にヒアルロン酸注入豊胸がどれくらいのもつのか、調べてみましたよ!

ヒアルロン酸の種類によって維持期間がぜんぜん違う!

ヒアルロン酸注入法は、メスを一切使わないため安全性も高く施術時間も20~30分と短いため日帰りで気軽に受けれるイメージがあると思います。

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”right” />

ただし、この施術の欠点として、「すぐに胸が小さくなる」「維持期間が短い」と言われる点があげられています。では、実際どれくらい持つのでしょうか。■ヒアルロン酸の3つのタイプとは?

 

ヒアルロン酸注入法の持続期間は約1ヶ月~2年と言われています。約1ヶ月~2年とは随分差がありますよね。この差はどうして起こるのでしょう。。まず、ヒアルロン酸の種類によって、維持期間がまったく違うということが挙げられます。ヒアルロン酸は3つのタイプに分かれます。1:顔に使うもの(シワを目立たなくしたり、たるんだ部分、コケた部分に入れてボリュームアップを図る)2:胸(バストアップ)3:関節痛に使うもの胸のヒアルロン酸注入は、基本的には、胸専用のヒアルロン酸を使っていくのですが、関節内用のヒアルロン酸を使う病院もあります。関節用のヒアルロン酸は料金が安い反面持続期間が1週間~1ヶ月と非常に短いのが特徴です。ですので、こういったヒアルロン酸で豊胸を行った場合は維持期間は1ヶ月ということになります。

豊胸で使われるヒアルロン酸の種類や特徴と持続期間は?

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

豊胸で使われるヒアルロン酸は主に、「SUB-Q」「ハイアコープ」「ヒアロス」といったものになります。それぞれどの種類の詳細と持続期間を見ていきましょう!【SUB-Q (マクロレーン・VRF30)】

 

顔用に使われるヒアルロン酸と同じ成分で、粒子の大きさを10倍にしたものです。粒子が細かいと吸収されるスピードが早いのですが、こちらは粒子が大きいので吸収されるスピードが遅く、基本的に維持期間が約1~2年くらいになります。持続性はあるのですが、バストがすこし硬い感じになるのが特徴です。【ハイアコープ】

 

SUB-Qよりも柔らかいので、自然な感じで仕上がります。持続期間は約2年ほどと長い上に料金も安いので人気があります。【ヒアロス】

 

関節痛の治療にも使われているヒアルロン酸でSUB-Qよりも非常に柔らかいのが特徴で、感触がとても自然に仕上がります。ただ、維持期間が数週間~1ヶ月程度と短いですし、他のヒアルロン酸と比較すると胸のハリをアップする効果が少ないヒアルロン酸です。種類はカウンセリングで医師とよく相談し、希望の値段と持続性を考えて注入しましょう!「一瞬だけ大きい旨を体験したい!」「パーティーなどのイベント時に、胸の空いたドレスを着たい!」いう方にはこちらの施術が良いと思います。

ヒアルロン酸豊胸は、一時的なバストアップにはおすすめの施術!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”left” />

ちなみに、病院の中にはオリジナルのヒアルロン酸を開発してそれを使っているところもあります。おおまかに維持期間は1ヶ月~2年と書きましたが、1ヶ月~2年の間胸の大きさを維持して、そこから徐々にバストのサイズが減っていくわけではありません。ヒアルロン酸を注入した直後から少しづつに体内へ吸収されていくので、1ヶ月~2年の時間をかけて、ゼロになるという考え方をしていただければと思います。ということで、ヒアルロン酸豊胸は、一時的なバストアップにはおすすめですが、半永久的に大きなバストを継続することは出来きません。そして毎年ヒアルロン酸だけで継続して大きなバストを維持しようと思うと定期メンテナンスが必要となり、そのためにかかる費用は高額になってしまいます。。持続性のあるバストを希望される方は、持続性の面からも金額的にみても、脂肪注入やシリコンバッグ挿入での豊胸手術を検討されたほうがよいかもしれませんね!あくまでも一時的に大きくしたい人や、どうしてもメスを入れるのが怖いひとにはお勧めの施術です!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る