激痛で怖い?シリコン豊胸した体験者が語る痛みの事実

豊胸手術は痛みを伴う、そんな噂を耳にしたことはありませんか?わたしの友人の中でも豊胸手術をした方は何人もいて、術後に激痛を経験したという知人がいます。本日は友人の経験をご紹介したいと思います。彼女が目指すのはアイドル。いわゆる韓国でいういわゆるK-POPアイドル。韓国では日本以上に見た目が重視される国です。そして男性の視線がとても大事な仕事です。やはり、男性が喜ぶことは職業的に自分にもプラスとなるため、普段から胸を大きく見せるためにパットを入れたりサプリを飲んだり。。必死に努力をしていました。一度数年前に脂肪注入したそうですが、身体が細身のため取る脂肪が十分にないそうで、ある日事務所の男性に胸が小さくなったねと言われ・・・それで痛みを覚悟で豊胸を決意したそうです。

長くキープできるシリコンで一気に大きくする決意!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

様々な種類がある豊胸手術ですが、ここは一気に大きくすることと、どうせやるなら長くキープできるもので、ということでシリコンバッグを入れることにしました。いろいろ調べた結果、家の近所に大手の整形外科を発見。なんとなく、雰囲気も良いし、その分野で有名な先生もいたので、カウンセリングを受けることにしました。韓国では広告をどこでも見る、有名な大手の美容外科です。やはり安心できる大手のクリニックで、ということで無料カウンセリングに行くことになった彼女。事前に聞きたい内容や、希望をかなり細かく用意して望んだようです。実際カウンセリングでは自分の希望を事細かく伝えたうえで、シリコンバッグを使った豊胸の細かい説明を受け、実際にどのようなものを入れるのかを触らせてくれます。シリコンバックにも幾つか種類があるので、その中で自分にあった形と種類を決めていきました。一番自然の柔らかさで人気のタイプにしたそうです。実際に入れるシリコンバッグが決まったら、後は具体的な手術日を決めます。手術日が決まると手術に当たっての注意事項の説明がされました。ちなみにここで、幾つか代表的な注意点をご紹介しておきます。

  • 手術8時間前から、禁食、お酒はもちろん水もNG
  • また脇の毛は剃って行かないとダメ
  • マニキュアやジェルも禁止

あとは、着替えやすく、体を締め付けない服で来るよう進められるそうです。

手術当日はリラックスして無事終了!

いよいよ、手術当日。胸のデザインをし、ついにオペです。全身麻酔で寝て起きたら手術が終わっているスタイルなので、手術自体は割とリラックスして受けれたそうです。目が覚めると手術は終わっており、なんとなくもうろうとした中、無事終わったんだーとほっとしました。意識がはっきりしてから胸の周りにぐるぐる巻かれたギブスのようなものに驚きながら、でも豊胸したという実感がなんとなく湧いてきて、嬉しかったようです。その後、アフターケアの方法を教えてもらい、抗生物質と痛み止めをもらい帰宅。この時点ではそんなに痛くなかったそうなのですが・・・・。

耐えられない??どれくらいの痛さを伴うのか

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

予想はしていたものの、どれくらいの痛さを伴うのか想像もできなかった彼女。その日の夜に思っていた以上の感覚が、、、絶えられないかも??と心配だった彼女。。一応一週間は絶対安静を言われるのですが、言われなくても安静にしているしかないほど痛いそうです。少し動くだけでも雷のような激痛が走り、もらった痛み止めをすかさず飲み、薬が効くまでベットから起き上がるだけでも数十分はかかります。どれくらいの痛さなのか、説明してくれました。

  • トイレに行くにも一苦労
  • 起きるのに20分
  • 歩くのに5分
  • 立ち上がるのに10分
  • ベットに戻るのにまた5分

痛みを我慢しながらこんな感じだったそうです。。。お腹はちゃんとすくのでご飯も食べたいのですが、ごはんを食べるのにも一苦労。流動食を用意しておけばよかったわ、なんて言っていました。笑なんで一口入れるのすら5分位かかり、飲み込むのも激痛なわけですから・・・。彼女は2週間で仕事復帰しますが、やはりある程度の痛みは続いている状態なので、薬を飲みながら仕事をしていたそうです。ちなみに、同じ手術を受けた別の知人にどれくらい痛かったか聞いてみたところ、ぜんぜん思っていたほどじゃなかった!といっていたので感じ方は人それぞれなのかも知れません。

感動!!綺麗なバストを手に入れ大満足!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

ただし1ヶ月も経つとこの痛みも消え、鏡で自分の姿を見た時は泣きそうなくらい感動したそうです!綺麗なバストを手に入れ、実際にドレスを来た時に見えるバストを自分で見ると毎回感動し、完全なプロポーションを手に入れた彼女は、人生も変わったといいます。男性からも同性からも反応が良く、仕事も増えたそう。元々のスタイルが良かったので、わたしが見ても「完璧なプロポーション」になった彼女。激痛は辛かったですが、今の人生を考えると痛みに耐えてやってよかった大満足だと彼女は言っていました!

人によって症状はそれぞれ違う

人によって術後の症状や反応が違うため、実際にここまでの激痛を感じる人は少ない方なのかもしれませんが、ある程度の痛みを伴う覚悟はしておいた方が楽かもしれませんね!もちろん痛み止めがありますから心配する必要はありません。その後の彼女の自信満々な姿をみると私もヒアルロン酸の後はシリコン入れてみようかな、と何度も心を動かされています。笑い手術を迷われている方は、いろいろなクリニックに問い合わせしてみましょう。きっと自分にぴったりな美乳を手に入れ、彼女のように自信に満ち溢れた人生にかわるはずです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る