授乳に影響は?韓国で女性から人気の脂肪注入豊胸手術

豊胸手術の中でも、自分の脂肪を注入することで知られている脂肪注入は、韓国ではより自然な感触の胸を手に入れたい若い女性から大絶賛されている豊胸手術です。メスを使わないので傷跡が残りませんし、シリコンのような異物ではなく自分の体内から取った脂肪を入れるので、見た目も触れた感じもとても自然になるのが人気の理由となっています。ただ、若いうちに豊胸すると子供ができた後に授乳に影響がでるのではないか、という心配がありますよね。今回はそんな疑問について解説いたします。

自分の脂肪注入、授乳ができなくなってしまうということはほぼない?

"<%” />

韓国でも話題になっていますが、豊胸手術をすると後からトラブルが出たり、「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあるみたいです。その一つが授乳。出産したことがない女性だとなかなか具体的にイメージしにくいですが、豊胸手術の種類によって授乳の時期にトラブルが起こりやすくなるリスクがあるようです。しかし、脂肪注入の場合には、シリコンバッグなどの異物を入れるわけではなく、自分の脂肪を入れるわけです。つまり胸の中身は自分の脂肪なので、母乳が出ないなどといった原因で授乳ができなくなってしまうということはほぼないようです。また、授乳をする時期には女性のバストは自然に大きくなりますが、このボリュームアップは乳腺組織が活性化されたということなので、注入した脂肪と相反する作用が出てしまうなどの心配はありません。

授乳を終えるまでは脂肪注入を選んだほうがよい!

いかがでしたか?異物を挿入するシリコンバックに比べれば、ダウンタイムもほぼなくリスクもほとんどないのが脂肪注入。もしも妊娠出産の後に授乳を考えている人は、豊胸手術をするなら授乳を終えるまでは脂肪注入を選んだほうが、あとからトラブルが起こりにくいので良いと思います。授乳が終了すると、胸もたるむといいますから、そのタイミングでシリコンバッグを入れるのが良いかもしれません!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る