豊胸シリコンとヒアルロン酸どちらがメンテナンス簡単?

シリコンバッグを入れるべきか、それともヒアルロン酸を注入したほう良いのか、、豊胸術を受ける方は手術方法ににかなり悩まれると思います。本日は術後のメンテナンスがどちらのうほうが簡単なのかをベースに検証してみたいと思います。

シリコンバッグ挿入、ヒアルロン酸それぞれのメンテナンスは?

費用面ではシリコンの方が圧倒的にコストがかかりますが、メンテナンスという点では、私はシリコンがオススメです。■シリコン挿入の場合

 

もちろんバッグである異物を体内に注入するので、痛みも伴いますしリスクはもちろんあります。ただ、最近の高品質のバッグは妊娠で授乳にも問題ないですし、気圧や衝撃で破裂することもないと言われています。さらに日常的なメンテナンスという点では、入れたら半永久的に豊胸効果が維持できる手術なので、一度安定したらほぼ術後メンテナンスは必要ないといっても良いかもしれません。ちなみに痛みがなくなり安定するのは数ヶ月ほどかかります。■ヒアルロン酸の場合

 

ヒアルロン酸注入の場合、定期的に注入しなければいけないのが面倒かもしれません。というのもヒアルロン酸は、半年~1年ほどすると体内の組織に吸収されてなくなりバストの大きさは少しずつ小さく、元に戻っていくからです。。定期的にクリニックに足を運んで注入する手間や労力、時間や費用がメンテナンスとして必要となってきます。

半永久的に大きなバストを維持したいならシリコンバッグ挿入!

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” />

長期的に考えて、メンテナンスケアやさらに小さくなる心配せずに大きなバストを維持したいならやはりシリコンバッグ挿入がおすすめです。私の知人には体にメスを入れるのは絶対に嫌だから、面倒でもヒアルロン酸の方が良いという人もいます。もちろん、それも一理あると思いますが、長く続けると結局は費用面で割高になってしまうのではないかとも思いますよね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る