ヒアルロン酸の豊胸手術は触り心地でばれないか

オルチャンメイクセット

ヒアルロン酸で豊胸する人急増中!     

ヒアルロン酸,豊胸,触り心地

最近、ヒアルロン酸注入の豊胸手術を受ける方が大変増えているそうです。

 

ヒアルロン酸での術法は他の豊胸手術と比べ費用も安く、さらに傷跡や痛みが少なく、術後のダウンタイムがほぼ無い事が人気の理由にあげられます。

 

それでも不安はつきないですよね。。
特に女性が一番不安なのが

 

周りにばれないか

 

ということ。。

 

今日はヒアルロン酸注入後、「触ったら豊胸した事が彼にバレてしまうんではないか?」という不安に関してお話したいと思います。

 


それぞれの手術法の特徴と触り心地は?

 

それぞれの手術に特徴があり触り心地も違います。

 

どんなバストになりたいのか
どれくらい入れたいのか
どれくらい費用をかけれるのか

 

など、多角的に見て自分にあったものを選んでいきましょう。そうする事で触り心地が自然の胸に近いものを選ぶことが出来ます。

 

では、それぞれの手術の特徴と触り心地について説明したいと思います。

 

1)シリコンバッグ挿入法の特徴と触り心地

 

昔からの施術法で人気の方法です。今では安全性がかなり上がり、一気にバストアップできると人気の術法です。

 

小さいものでしたら手術もわきの下から挿入することも可能で、傷跡もかなり目立たなくなりました。

 

ただし、このシリコンバッグ注入法は、一気にバストアップが可能なため、周りにバレてしまう可能性があること、またレントゲンやX線などでシリコンが写ってしまう場合があること、などが欠点としてあげられます。

 

手術を受ける方の体系や体質にあったシリコンバッグを入れていくので、見た目や感触に違和感なく自然な形でバストアップできるのが特徴です。特に最近の高品質のバッグは、触り心地もかなり柔らかく、そして破れにくいものとなりました。

 

術後のマッサージが必要のないシリコンバッグも出てき、以前よりかなり進化していることを感じます。ただ、昔よりはだいぶ進化しているとはいえ、シリコンはシリコンですので、触り心地でバレる可能性はあるといえます。

 

 

2)脂肪注入法の特徴と触り心地

 

手術をした時に、手触りなどでバレることが心配な方には、自分の脂肪を使った手術がおすすめです。

 

自分のお腹や太ももから脂肪を抜き、自分のバストにいれるので、触り心地はほぼ実際の胸と変わりません。

 

また、注射を使って入れていくため、傷口がかなり小さく、人からバレにくいという利点もあります。

 

自分の脂肪を移動させるだけですから、とてもナチュラルに仕上がり、もちろんレントゲンでバレることもありません。ただし、胸に入れる量に限度があるので、大きくバストアップしたい方には不向きです。

 

また、体内に脂肪が吸収されてしまうため、手術直後の大きさをそのままキープするのは難しくなります。また、まれにしこりになってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

 

3)コンデンスリッチ法特徴と触り心地

 


2)の脂肪注入法は、自然な出来上がりが期待できますが、脂肪が吸収されてしまうこと、そしてしこりが出来てしまうというデメリットがあることをご紹介いたしました。しこりが出来てしまうと触ったときにばれてしまうこともあるかもしれません。

 

このデメリットを解決したのがコンデンスリッチ法と言われるものです。

 

脂肪注入と同じように脂肪を取り出してバストに入れる方法なのですが、脂肪を取り出した後に、しこりの原因となる老化した細胞を除去し、脂肪を綺麗にした状態で注入するという点が特徴となります。

 

しこりの原因となる死んでしまった細胞や不純物などがない状態のものを注入するので、しこりが出来にくくなるのはもちろん、定着率も高くなりますので、手術直後の大きさをキープしやすいというわけです。もちろん触り心地も本物の胸とほぼ同じ感触です。

 

 

4)ヒアルロン酸注入手術特徴と触り心地

 

プチ豊胸と呼ばれ、一番手軽にできるこの方法、最近人気を集めているようです。

 

この方法の最大の利点は、とにかく簡単という点です。注射でヒアルロン酸を注射するだけなので、手術の時間も短くて済みますし、傷跡もほとんど目立ちません。

 

ただし、この方法は、ヒアルロン酸が体内に吸収されるので、数年でバストが完全に元に戻ってしまいます。またCC単位で料金が決まるため、大きくしたければしたいほど金額がかかってしまうのでコストパフォーマンスは良いとは言えないでしょう。

 

気になる触り心地ですが、脂肪よりは固く、シリコンよりは柔らかいという感じでしょうか。脂肪よりは硬いため、触ってみると、張ったような感触になります。ただ、1ヶ月ほどすると体に馴染んでくるといわれています。

 

 

どの術法が一番本物に近い感触?

 

様々な豊胸方法がなんとなくおわかり頂けたと思います。

 

最後にどれが一番本物に近い感触かまとめてみましょう。

 

1、脂肪注入法(コンデンスリッチ法)
2、ヒアルロン酸注入
3、シリコンバッグ挿入

 

手触りだけで考えた場合は、やはり、自分の脂肪を注入する脂肪注入法が良いと思います。さらにコンデンスリッチ法であれば脂肪が定着しやすく、大きさもキープすることが出来ます。

 

お値段は他の施術に比べて高めですが、定着しなかった場合の

 

追加注入
しこりが出来た場合、溶かす施術

 

などメンテナンスが必要とかんがえると値段だけで決めないようにしましょう。
自分にあったやり方、というのがとても大事ですのでクリニックと相談していろいろな角度からじっくり考えてみましょうね!!

 

柔らかいモテ美乳を手に入れるために!!

 

 

 

 

 

 

 

メスを使わない豊胸手術の値段安い順ランキング

豊胸手術,値段,安い,切らない 豊胸手術にはいろいろな方法がありますが、術式によってかかる値段が変わります。ダウンタイムももちろんのこと、効果がどのぐらい続くのかとか、メリット・デメリットも異なりますよね。安いものなら一回1万円台か...

≫続きを読む

バランス良く胸を小さくする整形手術(乳房縮小術)の詳細と方法

大きなバストはたくさんの女性の夢ですよね。しかし、反対に小さくしたい!とバストで苦しんでいる女性も存在します。韓国にはあまり巨乳の女性って日本ほどいないのですが、日本では意外と大きな胸がコンプレックス...

≫続きを読む

ワンサイズダウン!手術以外で胸を小さくする4つの方法とは

胸が大きいのがコンプレックス。着る服のサイズがあわなかったり、肩がこったりといろいろストレスがかかりますよね。だからといってメスを入れる整形手術はしたくない、、、という方はまずは自力でできる胸を小さく...

≫続きを読む

なるべく安く豊胸したい方へ!豊胸の種類別費用まとめ

安い,費用,豊胸手術,種類 手術をしようと思う方の気になるポイントの1つが「費用」ですよね。乳房再建手術は保険が適用されますが、美容目的の豊胸手術は当然保険は適用されません。ですので、なるべく安い費用で豊胸したい方はどういった方...

≫続きを読む

大きさ保てる!脂肪注入豊胸の定着率はそれぞれどれくらい?

脂肪注入の詳細と胸への定着率をあげる方法をまとめています!最近、韓国でも日本でも、年齢を問わずに人気なのが脂肪注入での豊胸方法です。自分の脂肪を気なる部分であるウエストやヒップから吸引して胸に入れる方...

≫続きを読む

メスで切らずに即効胸を大きく出来る豊胸手術があった!

豊胸,切らずに,ヒアルロン酸,脂肪注入 豊胸手術というと、シリコンとか生理食塩水などを胸に挿入する施術方法が一般的で、この方法だと一度手術すれば半永久的に大きくなった胸を維持することができます。貧乳がコンプレックスの人の中には、思春期の頃か...

≫続きを読む

豊胸シリコンとヒアルロン酸どちらがメンテナンス簡単?

豊胸,シリコン,メンテナンス,ヒアルロン酸 シリコンバッグを入れるべきか、それともヒアルロン酸を注入したほう良いのか、、豊胸術を受ける方は手術方法ににかなり悩まれると思います。本日は術後のメンテナンスがどちらのうほうが簡単なのかをベースに検証し...

≫続きを読む

彼にバレる!?自然な手触りの豊胸手術はこの方法

ヒアルロン酸,豊胸,触り心地 最近、ヒアルロン酸注入の豊胸手術を受ける方が大変増えているそうです。ヒアルロン酸での術法は他の豊胸手術と比べ費用も安く、さらに傷跡や痛みが少なく、術後のダウンタイムがほぼ無い事が人気の理由にあげられま...

≫続きを読む

ヒアルロン酸で豊胸手術するまえに知っておくべきことは?

ヒアルロン酸注射,豊胸,メリットデメリット 女性なら誰もがバストの悩みを持っていると思います。モデルさんみたいに綺麗なバストに憧れはあるかと思いますが、メスをがっつり入れる豊胸手術にチャレンジするのはちょっとハードルが高いですよね。そんな皆さん...

≫続きを読む


 
HOME 整形の言い訳方法 切らない整形 韓国の整形事情 整形サイトランキング