韓国人にすきっ歯、八重歯、出っ歯の人がいないのはなぜ?

口元の印象はその方の印象を大きく変える、大事なパーツの一つですよね。日本でも最近歯の矯正をする人が増えてはいますが、お隣韓国でのデンタルケアに対する意識はアメリカと同じくらい高いといえます。歯を白くするホワイトニングは当然みんなやっていますし、日本で可愛いと言われる八重歯は、韓国ではアメリカ同様歯並びが悪いとみなされ、抜く人や矯正をして治す人がほとんどです。すきっ歯などをそのままにしているとだらしないと言われますし、歯並びが悪い人は当然のように矯正をします。当然、日本で言われる「出っ歯」も整形手術で治す人が多いので、韓国では出っ歯の人はあまりいません。では実際どのように治していくのでしょうか?

出っ歯には矯正できるものと削って治す2種類ある?!

出っ歯とは上顎前突症と言われ、鼻や顎よりも口が前に出ている状態を言います口が前に突き出ているので、口が締めにくく、そのせいで口の中が乾きやすい状態になり、健康にもよくないといわれています。また、口元が出ているため、ほうれい線が深くなったり、顎にシワがよったりしやすくなります。出っ歯には2つのタイプがあるので、まずはその原因を調べてその方にあった手術が必要となってきます。早速どんな種類があるのか見ていきましょう!① 歯列矯正で治るタイプ

 

いわゆる歯列矯正で治るタイプの出っ歯の方は、上顎と下顎の問題と言うよりは、歯の生え方の問題です。歯列矯正をしたい場所の歯を幾つか抜いて、大体短2年~4年くらいかけて矯正していきます。程度によって差はありますが、今は裏から矯正するタイプのものや、透明なものも出てきているので、昔のような「いかにも矯正」と言った雰囲気が嫌いな方でも安心して治せるものも増えています。 ②上顎、下顎を削って行くタイプ

 

<% metaKeywords % data-recalc-dims=” align=”right” />

歯の生え方の問題ではなく、上顎が骨ごと前に出ている方は顎を削る必要があります。前から4番目の歯を抜いて、そのラインで顎を切り、抜いた歯の間隔分を内側に入れ込む手術です。こちらは歯科医の先生だけではできない手術になってきますので、美容整形外科と歯科の連携で、進めていくことが多いようです。

出っ歯の歯列矯正と顎を削る場合の期間と費用はどれくらいかかる?

気になるのは出っ歯を治すのにどれくらいの時間とコストがかかるのかですよね。さっそく歯列矯正と顎を削る場合の費用と期間をみてみましょう!

①歯列矯正の場合

 

まず韓国での歯列矯正の価格は日本の半分くらいでだいたい50万円くらいが相場です。最近は安いところが出てきていて30万ウォン(約28万)くらいでできるところもあります。ただし、毎月通わないといけないというのと、韓国の歯科は基本的に保険が効かない治療が多いため結果日本より高く付いてしまうこともしばしば・・・ということを知っておく必要があると思います。治療期間は2年から4年。かなり長い治療になります。 ②顎を削る場合

 

だいたい費用は30万前後のところが多いようです。手術自体は2,3時間で終わりますし、その後歯列矯正が必要な場合は6ヶ月から1年矯正をしなければなりませんが、それでも歯列矯正のみの場合より早く終わります。ただこちらも抜糸と点検を考えると1ヶ月間は病院に通わないといけません。

しっかり医師と相談し正しい判断で確実な治療法を!!

治療に顎から改善が必要な方が歯列矯正だけをしても満足の行く結果を得られないことがあります。しっかり医師と相談し正しい判断で確実な治療法を選択することが、治療期間も費用も最低限に抑えれる重要なポイントとなります。やはり韓国は美容医療が進んでいますので、歯の技術も高いと言われています。ただし出っ歯の治療は定期点検が必要なことから、まずは信頼できるお近く歯医者に相談してみることをおすすめします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る