やっぱり日本がいい!韓国での整形費用の差は日本と変わらない?

「整形大国」とも言われ、国民的に整形が受け入れられている韓国。最近では整形手術が安いことで、日本人も韓国に行って整形することが増えてきたそうです。実際、日本で整形するのと韓国で整形するのには、どのような違いあるのでしょうか。「プチ整形」という言葉が出てきたように、ひと昔まえと比べると日本でも整形はだんだんと一般的になってきました。ですが整形には多額の費用がかかるイメージもありますし、まだネガティブなイメージもあります。徐々に受け入れられ始めてはいるものの、“誰しもが手軽に堂々とできるというもの”というほどではありません。ですが韓国では整形は当たり前のこと。お金を持っている人たちだけでなく、ごくごく普通の一般人もたくさん整形手術を受けています。

韓国と日本の整形費用はどれくらい違うの?

どうして韓国では整形が受け入れ安いのかというと、整形にかかる費用も関係しています。一例ですが、日本で埋没法の二重まぶた整形をすると約90,000円~170,000円ほどの費用がかかります。それに対して韓国で同じ整形をすると、費用は約80,000円~120,000円ほどです。これは二重の整形だけでなく、シミ取りなどのスキンケア、しわ取りなどでも同様で、韓国の方が整形費用が比較的安いという特徴があります。こう見ると費用にそこまでの差がないように思えますが、韓国の整形料金にはだいたい事前のカウンセリング料金や薬代までもが含まれているのです。日本ではこれらにかかる料金は、整形費用とはまた別料金です。ですからカウンセリング~手術後のケアまでをトータルすると、韓国の整形が安いということがわかります。

韓国での整形は日本の費用の約半額で可能!

こういう理由もあり、韓国では整形手術を受けている人口が多いのですが、その分実績が蓄積され技術力が高いと言われています。ですから日本から韓国へ行って整形すると言う「整形旅行」も一部の美容マニアたちの間で流行しています。

トータルで見ればやっぱり日本で整形するのが安全で安い?

たしかに安い料金で実績の多いクリニックで施術を受けられるので、一見とても良いように思えます。ですが、実は日本人が整形するなら韓国ではなく日本国内でした方が良いという意見もあります。なぜかというと、下記の3つの理由があるからです。

■日本で受けたほうが良い理由3つ■①「どの美容外科が良いのかという情報が探しづらい」②「言語の壁があるので、意思疎通がとりづらい」③「手術後に適切なアフターフォロー、アフターケアを受けづらい」

さらには整形手術費用のほかに、旅行費用と滞在費用もかかってしまいますね。トータルでみるとあまりかわらない場合もあります。これらのことを踏まえると、結果的には日本で整形手術を受けた方が、“自分の望む通りの整形手術を安全に受けられる”と言えます。美容整形をするのであれば、費用や技術力だけでなく、総合的な観点からどの美容外科を使うかをしっかり考えてからにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る