入院施設はあるの?韓国で長期宿泊方して整形する方法

海外で整形といえば、気になるのが宿泊施設。特に整形大国韓国で整形をした場合、滞在方法は皆さんどうしてるのでしょうか。気になる宿泊事情に迫ってみました。まず、韓国で整形をした場合整形に特化した専用のホテルや宿泊施設というのは存在するのでしょうか。結論から言いますと「整形に特化した専用のホテル」というのは実は韓国にはありません。これだけの整形大国なのだからありそうなものですが、意外とそういったホテルは存在しないのです。では、海外から韓国に手術を受けに来た方は一体どこに泊まれば良いのでしょうか。

術後に泊まるならシティーホテルがおすすめ!

基本的には一般の旅行客が泊まるホテルと同じ場所に泊まってる方が多いように思います。少し韓国や整形に慣れている方でしたら、事前に必要な物を準備しておいて、安く泊まれるゲストハウスやコシテルみたいなところに泊まるのもありですし、慣れてない方は、一般的なシティーホテルがおすすめです。シティーホテルでしたら、言葉の問題もありませんし、整形後体を動かすのが辛い場合、ルームサービスやデリバリーのサービスなどの相談もできるので安心です。ただし、どこに泊まっても、「整形専用」ではないので、痛いと思った時にナースを呼べるわけではないですし、例えば手術後に血が出てしまい、それがホテルのカーペットや家具についてしまった場合追加料金をとられるところもあるので、注意しましょう。

整形しても包帯巻いてても気にしない!

それでも、韓国は整形大国。腫れた顔で外出しても包帯ぐるぐるで巻いてショッピングしようが誰も周りは気にしません。たとえば、目や鼻の整形をした場合抜糸までは水に濡らすことができないため、頭を洗うのに苦労するわけですが、韓国の場合、整形後の腫れ上がった顔で美容院に行っても、皆さん慣れた雰囲気で洗髪を快く受け入れてくれます。日本であれば、じろじろと見られるのは確実ですよね。。また、術後ご飯を食べに出るのが辛いと思ったら、宅配サービスでご飯を届けてくれたりもして生活そのものが整形に密着してますので、意外と楽で便利な一面もあります。

病院併設で泊まれるのは手術した患者だけ

ちなみに、整形外科内に病院併設とあるところがありますが、こういった宿泊施設は国内外の人問わず、宿泊の必要性がある手術をした患者様用の施設なので、基本的に旅行客が寝床がわりに施設というわけではありません。輪郭手術など、ナースが付き添いで経過をみる必要がある手術をされた方がやむを得ず使う施設というわけです。なので、そこの雰囲気は、宿泊施設というよりは、入院施設という雰囲気です。特に整形に特化したおすすめホテルなどは意外と韓国にはないのが現状です。ただし、どこに泊まっても整形を理解してくれている国なのでいがいと不便さは感じないものです。それでも言葉の問題や、食べ物、万が一に備えて不安な人はやっぱり日本での手術をおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る