韓国でも意外と多い耳整形の手術方法と詳細をまとめました

"<%“/>

顔立ちを変える整形に関しては、ほとんどできないことがないくらい整形技術は発展しています。お隣韓国では顔の整形のほとんどが一般的な手術ですし、最近では日本でもほぼだいたいの手術が可能になりました。極端な例で言うと今や身長を高くする手術や、韓国では手相を変える手術は定番であるくらいです。性別まで変えれてしまう時代ですので、不可能なことはない気がしますよね。韓国人の知り合いとそんな話をしている時に、ふっとこんな話題になったことがあります。「耳の整形はできるのかなぁ?」耳についてあまり考えたこともないかもしれないですが、実は耳に関するコンプレックスを持ってる方は多く、生活に支障が出たりすることもあることから手術での問い合わせは意外とあるそうです。果たして、耳のコンプレックスは整形で解消できるのでしょうか。

耳の整形にはいくつか種類がある?手術方法は?

まず、耳の整形にはいくつか種類があり、それぞれ手術方法が異なります。特徴別に見ていきましょう。立ち耳の場合

<% metaKeywords %>

悩みで一番多いいのが『立ち耳』。その名のとおり、耳が立っているかのように頭に対して大きく開いてしまっている耳のことを言います。耳がダンボのように大きく立っているため、顔の印象より耳の印象が先に来てしまいます。アメリカでは6歳の男の子が耳の形を理由にいじめられ、手術をしたことでニュースになりました。立ち耳の人は耳に注目されてしまうことがコンプレックスとなり、少し後ろに寝かせるような角度を変える手術を希望される方が多いようです。

■整形方法■耳の角度を変えるには、耳の後ろを切って寝かせてつなぐ簡単な手術法なので、片耳30分ほどで終了します。耳の角度が変わるだけですっきりした印象になるので、満足度が高いようです。

柔道耳、餃子耳、カリフラワー耳の場合

"<%” />

『柔道耳』『餃子耳』『カリフラワー耳』は耳介血腫と言われるものです。耳への摩擦や圧迫が原因で、軟骨膜の血管が破れ、内出血を起こし耳が固く変形することを言います。格闘技の選手やラグビーなどスポーツ選手に多いですが、スポーツ選手でなくても何らかの影響でこのような耳になる方もいます。

■整形方法■変形した部分を切開し、軟骨と血腫を取り除く簡単な手術ですので、こちらも手術時間片耳30分で終わります。

その他耳整形

<% metaKeywords %>

埋没耳(別名:袋耳)の場合は、耳の上部が筋肉と付着して埋もれてしまっていることが原因のため、それを剥離したり、軟骨を移動させたりして、改善します。

■整形方法■スタール耳の場合は軟骨の変形によって引き起こされるため、軟骨を削ったり、固定したりする必要があります。他の手術とにくらべて一番時間がかかります。

耳整形は費用も時間も少なく保険が適用される

"<%” />

耳の整形には保険が適用される場合が多いです。耳の後ろから軟骨を切開して形を作ることが多いため、傷口がほとんどばれないのが耳の手術。さらに軟骨を使って耳を形作っていくため、顔の美容整形よりも費用も時間も少なく済むのも特徴です。変形による耳の手術はコンプレックスになるだけでなく、生活に支障来す場合が多くあり、そのために疾患扱いで保険が効く場合もあるため、お医者様にしっかり相談することが大切です。ただし・・・

"<%” />

数年前にカナダの女性がしたような「妖精の耳」への整形は完全に美容目的ですので、もちろん保険は効きません。ちなみに費用は400ドル(約4万円)だったそうです・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る